整形疾患の患者さまを中心に、地域のシニア層からスポーツ障害の小中高生まで幅広い年齢層の方が通院されています。『積極的保存療法』をコンセプトに、受傷早期より超音波治療器等を用いた物理療法や、患部外トレーニングの指導などを行います。症状の改善に合わせて、再発予防の観点からもコンディショニングルームでの運動を推奨しております。